読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んだときが買い時!~物欲の記録~

買ったモノの記録です。基本的に悩んだら買うので、何をいつ、どこで買ったのかを記録しています。

マグザムのレインウェア

バイク

実は6月にレインウェアを買い替えました。

今までは、スクーター用のひざ下まである長いコートタイプを使用していましたが、
足元がフラットでないマグザムで使用すると、停止時に片方しか足を出せない状態に陥りました。

ラフ&ロードの『デュアルテックスBIBレインスーツ(RR5218)』があるのだが、
10年以上前に購入したもので、とっくに防水性がなくなっている。

「BIB」とは「Bag in Back」のことで、背中にリュックを背負ったまま着ることができます。
これがすごく便利なので、次のレインウェアも同様の機能があるもの探してました。

最近、ゴールドウィンから「ゴールドウイン GSM12613 マルチユースレインスーツ 」という同じコンセプトのレインウェアが発売されたようですが、少々値段が高い。
ということで結論としては、BIBレインスーツ(RR7806)を購入しました。

▼現行型のBIBレインスーツ(RR7806)

f:id:rayz:20160713115239j:image

▼昔のBIBレインスーツ(RR5218)

f:id:rayz:20160713115302j:image

RR5218からRR7806でどんな進化をしたのかレポートしたい。
⇒簡単にいうと、薄くて軽くなり、携帯性がよくなってます。

RR5218は生地が厚いため、防寒性にも優れるのですが、収納した時にかさばります。
シート下が結構広いと定評のCB1300でも上下を収納することは難しく、CB1300でツーリングに行く時は、上着だけ着用して、パンツはシート下に収納しました。

対して、RR7806は生地を薄くなっており、携帯性を重視したようで、CB1300シート下にも余裕で入ることでしょう。
防寒については、別途インナーを取り付けてくださいということかと。
そういったインナーを付けられるのもこのレインウェアの特徴。ちなみに誤解がないように書いときますが、RR5218の方もインナーは付けられます。

なお、RR7806の生地の薄さが原因なのかわかりませんが、パンツの方は走行30分で股間が浸みてきました。
パンツについては、当面はRR5218の方を使用することにします。

マグザムだと、リアのトランクに入ります。
左がRR5218のパンツで、右がRR7806のジャケットです。

f:id:rayz:20160714173838j:image

 

 

広告を非表示にする