悩んだときが買い時!~物欲の記録~

買ったモノの記録です。基本的に悩んだら買うので、何をいつ、どこで買ったのかを記録しています。

キッチン混合栓の交換(LIXIL INAX SF-NA451SU)

23年モノのキッチンの混合栓(蛇口)を交換しました。

 

f:id:rayz:20170506132123j:image

▲既設の混合栓

型番わからんので、TOTOのサイトで調べたら、TK231GX 1993〜1998年製みたいです。

下げて出るタイプで、たまに寝てるときに、壁のフライパンが落ちてきて出っ放しになることあり、長期不在の時はフライパンを下ろしてます。

また、後付けシャワー栓のおかげで吐水口が低すぎて、ヤカンにお水を入れにくい&ストレートにすると勢いが強すぎ水はねがすごいこと。

 

f:id:rayz:20170506133354j:image

LIXIL INAX SF-NA451SU

いきなり交換後の写真ですが、LIXIL INAXの自動水栓「SF-NA451SU」にしました。楽天の某ショップにて、32,931円(税込&送料込み)

TOTOのワンタッチ混合栓「TKN34PBTN」と迷ったのですが、ショールームで比較したら、ノータッチの方が良かったですね。

 

またINAXの上位モデルで、センサーが3箇所あるタイプもありましたが、実際ショールームで操作してみると、多機能ゆえに機能がよくわからず、オンオフだけのシングル機能タイプにしました。

 

f:id:rayz:20170506141756j:image

▲用意した工具類

左からTOTO TZ36(743円)、TONE 24mmソケット(956円)、三栄水栓R352(1,590円)です。いずれもAmazonで購入。

あと手持ちの、モーターレンチでとラチェットを使用。

 

f:id:rayz:20170506143420j:image

▲固定ナット

この固定ナットを外すためだけに特殊工具が必要で、TOTOの純正工具(TZ33)は高い(3,510円)ので、三栄水栓R352で代用しました。

 

f:id:rayz:20170506142602j:image

▲取り外した後の写真ですが、TOTOのナットは37mmだけど、実際には36.2mmであり、

 

f:id:rayz:20170506142635j:image

▲また、三栄水栓R352は36mm用だけど、実際には37.25mmあります。

実際、ピッタンコであっけなく緩みまして、あっけなさすぎて、TZ36で水栓上部を抑える必要もありませんでした。

 

f:id:rayz:20170506143149j:image

 ▲施工前。温水側に、延長パイプが付いてました。

 

f:id:rayz:20170506143226j:image

▲施工後。温水側の延長パイプを外して90度右回し、冷水側も少しわ回してます。

後ろの細いコードが電源用です。ギリギリの長さでしたが、なんとか壁にはわせられました。

 

交換作業は、2時間程度でした。

業者さんに頼むと1万円ほどだそうですが、専用工具に3,500円ほどで済みました。混合水栓自体も定価10万円以上するものを安く手に入れたので、だいぶ安く抑えられたと思います。DIYならでは。

 

広告を非表示にする