悩んだときが買い時!~物欲の記録~

買ったモノの記録です。基本的に悩んだら買うので、何をいつ、どこで買ったのかを記録しています。

Amazonファッションセール祭りで買ったもの【2021年10月17日】

カルです。

Amazonファッションセール祭り【2021年10月17日(金)09:00〜10月18日(月)23:59】で購入したものです。

最近、タイムセール祭りが多すぎな気がします。次はサイバーマンデーか。Apple Watchがほしい。

Amazonファッションセール祭りで購入したもの

f:id:rayz:20211017232810j:image

  • KIYOHARA Craft Gallery エンボスヒーター(ヒートガン)2,891円
  • エレコム Fire TV Stickリモコン用シリコンカバー(ホワイト)1,299円(30%クーポンで909円
  • エレコム Fire TV Stickリモコン用シリコンカバー(ブラック)1,299円(10%クーポンで1,169円
  • エーモン カプラーはずし 197円
  • Kitsure 耐熱ガラス ボウル(5個セット)2,480円
  • Mersuii 猫おもちゃ(魚四点セット)1,550円

Kitsure 耐熱ガラス ボウル

先日購入したビストロ用に購入。

sgr.hateblo.jp


f:id:rayz:20211017232805j:image

▲Kitsure 耐熱ガラス ボウル(5個セット)2,480円

 

f:id:rayz:20211017232812j:image

▲大きさの目安(モデル:はなさん@アメショ)

Mersuii 猫おもちゃ

f:id:rayz:20211019183220j:image

▲Mersuii 猫おもちゃ(魚四点セット)1,550円

 

f:id:rayz:20211019183227j:image

▲大きさの目安(モデル:はなさん@アメショ)

Fire TV Stickリモコン用シリコンカバー

f:id:rayz:20211017232802j:image

エレコム Fire TV Stickリモコン用シリコンカバー。
2つ必要なので、ホワイトとブラックの両方を注文しました。
写真では、ブラックが少し青みがかった黒に見えますが、実際はグレーっぽいです。


f:id:rayz:20211017232807j:image

▲底面が安定設計になっているのが購入の決め手です。
右はリモコン底面にクッションゴムを張り付けたの図。この状態でも安定するのですが、ラップをまくと座りが悪くなるのが気になってました。


f:id:rayz:20211017232814j:image

▲ホワイトとブラックの比較。
使用感はボタン操作に少し力が必要になりました。立体的なデザインなので、ブライド操作も問題なし。しかし、ホワイトとブラックを比較すると、ブラックの方は、埃が目立ちます。埃が気になる人は、ホワイトの方がよいでしょう。

 

Fire TV Stick 4Kで4K映像を表示できた!

カルです。

Fire TV Stick 4Kの導入により、4Kコンテンツの再生ワイヤレスサラウンドヘッドホンの共存ができない問題の対策を講じました。
当初は、「HDMIオーディオ分離器」を買おうと思ってましたが、ある方法を試したらできました。

sgr.hateblo.jp

 

現在のシステム構成

f:id:rayz:20211015185743p:plain

▲これまで2Kコンテンツだったので問題なかったのですが、4Kコンテンツになったことで、ワイヤレスサラウンドヘッドホン【SONY MDR-HW700DS】が「HDCP2.2」に対応しておらず、表示できないという問題に直面しました。

将来、PS5も購入する予定なので、いまのうちに対策をしたいと考えました。

【対策1】REGZAのARCを利用する方法

f:id:rayz:20211015185750p:plain

REGZAのARC出力を使う方法です。追加機器も不要でシンプルです。

結果的にこれで、Fire TV Stick 4Kの4Kコンテンツを映すことができ、さらにワイヤレスサラウンドヘッドホン【MDR-HW700DS】でも楽しめるようになりました。しばらくこの方法で視聴してみて、問題が生じたら後述のHDMIセレクターを使う方法」に試してみたいと思う。

  • この接続方法のメリットとしては、REGZAの入力を「HDMI1」にすることで、ワイヤレスサラウンドヘッドホン【MDR-HW700DS】のセットアップが可能なこと
  • デメリットとしては、REGZAからの音声フォーマットが変わる可能性があること。未確認だけど、PS4で再生した、DTS-HD Master Audioなど、そのまま【MDR-HW700DS】まで送られるのか?

【補足】HDMIの不思議現象

当初、HDMI1 (ARC)に接続した【MDR-HW700DS】から音が出なかったのですが、REGZAをリセット(HDMIケーブルを外し、コンセントを抜いて10分放置)することで音が出るようになりました。

また、REGZAHDMI2に【Marantz NR1710】を接続すると、なぜか【MDR-HW700DS】が認識されなくなりましたが、【Marantz NR1710】のHDMIコントロール」をオフ→オンすることで、どちらも正常に認識するようになりました。

CEC規格の制限として、オーディオ機器は1台までなので、これが影響している気がします。【MDR-HW700DS】と【Marantz NR1710】はオーディオ機器なので。

【対策2】HDMIセレクターを使う方法

f:id:rayz:20211015200041p:plain

HDMIオーディオ分離器を使う方法です。この方法なら、CEC規格に引きずられることもないはず。

  • こちらのメリットは、ワイヤレスサラウンドヘッドホン【MDR-HW700DS】の音声フォーマットがREGZAに影響されないこと。つまり、PS4で再生した、DTS-HD Master Audioなど、そのまま【MDR-HW700DS】に転送される。(HDMIセレクターに依存)
  • デメリットは、ワイヤレスサラウンドヘッドホン【MDR-HW700DS】のセットアップができないこと。
    (「HDMI OUT」→「REGZA HDMI IN」に繋げばいけるかも)

Fire TV Stick 4Kで4K映像表示できず

カルです。

やっと「Fire TV Stick 4K」を入手したので、晴れて4K映像を鑑賞できるかと思いきや、トラブっております。

Fire TV Stick 4Kの内容

f:id:rayz:20211011140523j:image

▲Fire TV Stick 4Kの同梱物は、HDモデルと同じです。

ホーム画面が正常に映る

f:id:rayz:20211011140521j:image

▲ホーム画面はHD画質なので、問題なく表示されてました。

4Kコンテンツは映らない

f:id:rayz:20211011140525j:image

▲いざ4Kコンテンツを再生してみると、このとおり、HDCP2.2非対応のエラーが発生しました。HDCP2.2非対応の機器が紛れているようです。

現在のAV環境

f:id:rayz:20211015185743p:plain

  • 【Fire TV Stick 4K】
     ↓ (HDCP2.2)
  • 【Marantz NR1710】AVアンプ
     ↓ (HDCP2.2)
  • SONY MDR-HW700DS】★原因はこれ
     ↓ (HDCP1.4)
  • REGZA 43Z700X】モニター

原因は、デジタルサラウンドヘッドホン『MDR-HW700DS』が、HDCP2.2に対応していないためでした。これ以外は、すべてHDCP2.2に対応していますので。

【改善案】HDMIオーディオ分離器の検討

AVアンプ『Marantz NR1710』にHDMI出力が2系統あればよかったのですが、残念ながら1系統しかありません。この対策として、「HDMIオーディオ分離器」というのを使う方法を見つけました。

f:id:rayz:20211015200041p:plain

  • 【Fire TV Stick 4K】
     ↓ (HDCP2.2)
  • 【Marantz NR1710】AVアンプ
     ↓ (HDCP2.2)
  • HDMIオーディオ分離器】→ 音声のみ →【SONY MDR-HW700DS】
     ↓ (HDCP2.2) 映像+音声
  • REGZA 43Z700X】モニター 

HDMIオーディオ分離器

ラトックシステム HDMIオーディオ分離器(RS-HD2HDA-4K)8,882円

2017年発売。『MDR-HW700DS』の動作報告あり。1入力なので、入力切替の手間がなくて済む。新型(RS-HDSW41A-4K)の方が安い。

ラトックシステム HDMIセレクター(RS-HDSW41A-4K)7,980円

2020年発売。旧型(RS-HD2HDA-4K)より安い。4入力あるが、1台だけなら入力切替は自動でいけそう。買うならこちらか。

 

 

▲Yukidoke HDMI 分配器 7.1音声分離器(2,899円)

2021発売。一番新しくしかも安い。なぜか、7.1CH Dolby Digital Plus, Dolby TrueHDに未対応。残念。

 

▲Anber-Tech HDMI 分配器 7.1音声分離器(3,599円)

2021年扱い。レビューがない・・・人柱覚悟

 

▲Anber-Tech HDMI 分配器 7.1音声分離器(6,999円)

2021年扱い。3,599円モデルとの違いがわからない。

 

3台目の『Amazon Fire TV Stick 4K』

カルです。

ついに、Amazon Fire TV Stick 4Kを購入しました。
HD画質のFire TV Stickならリビングで使ってましたが、今回は自室の4Kテレビです。

  • 2016年:第1世代 Fire TV Stick(リビング用)
  • 2019年:第2世代 Fire TV Stick(↑が遅いので買い替え)
  • 2021年:第1世代 Fire TV Stick 4K(自室用にやっと買う)

sgr.hateblo.jp

本当はChromecast with Google TVがほしかった

リビングでFire TV Stickを使ってるので、同じ製品を買うのも芸がないと思い、「Chromecast with Google TV」がほしかったのですが、Amazon販売されず、ヨドバシやビックカメラでも7,600円(1%還元)と価格が高いので買うタイミングを待っていまいた。(結果、見送りになった)

store.google.com

実はApple TV 4Kがほしかった

iPhoneユーザーなので、ミラーリング用に「Apple TV 4K」が気になってましたが、こちらも価格が高すぎる。2021年モデルで値下げされるという噂もありましたが、ふたを開けてみたら強気の21,800円でした。売る気ないのかAppleさん。

iPhoneミラーリングに関しては、将来、AirPlay 搭載のテレビ(BRAVIA)を購入することで事足りることがわかったので「Apple TV 4K」も見送り。

sgr.hateblo.jp

Fire TV Stick 4K

f:id:rayz:20211010143343j:image

 

Amazonクーポン利用で、6,980円→3,480円でした。
新型のFire TV Stick 4K Maxを販売するにあたり、在庫処分って感じでしょうか。
タイムセール祭りでも見送ったのですが、やはり「買わずに後悔するより、買って反省」です。

新型Fire TV Stick 4K Maxは微妙

新型のMaxは、VODサービスへのダイレクトボタンが追加されましたが、絶対に使うことがないだろうDAZNボタン」が付いたのが気に入らない。これがYouTubeボタン」なら、かなりよかったのに(ここ数年、テレビよりYouTubeを観るようになった)

ちなみに「Prime Videoボタン」も不要だと思います。というのは、Fire TVのホーム画面って、シームレスにPrime Videoを再生できるので、わざわざ「Prime Videoアプリ」を起動する必要がないのです。また、NETFLIXも未契約なので、任意のアプリにカスタマイズできるようにするのが正解。

AmazonGoogleって仲悪いんですかね。そういや「Chromecast with Google TV」もAmazonで販売してないし。

■Fire TV Stick 4Kの使い勝手に関しては、後日追記する予定。

 

完全ワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン『Apple AirPods Pro』

カルです。

6月のAmazonプライムデーで購入した、Apple AirPods Proをやっと使ってみた。
ソニーWF-1000XM4が気になっていたので、もしも買い替えたら未開封のままフリマで売ろうと考えていた。
購入価格は22,941円(通常価格29,036円)なので、送料含めて損はしない計算。

sgr.hateblo.jp

プライムデーの初日は、買うか悩んでるうちに在庫切れになってしまい、いったんは諦めたものの、翌日に在庫が復活したので、ポチリました。6/22注文で7/3到着でした。

 

内容物

f:id:rayz:20211005170801j:image

▲同梱物です。USB-C to Lightningケーブルが付属してました。

 

f:id:rayz:20211005170944j:image

▲さすがApple純正、iPhoneと組み合わせるとイヤホンとケースそれぞれのバッテリー残量を確認できるのが便利です。

 

f:id:rayz:20211005171137j:image

AirPods Proケース用のケースを購入してないので、仮でこんなポーチを使ってます。
おかんからもらった、どこかのお土産品です。

空間オーディオが面白い

iPhone 13 Pro Max(iOS15)は、いろんなアプリで空間オーディオに対応したので、ミュージックやYouTube空間オーディオで聴いてみました。

なるほど、確かに目の前のスピーカーから音が出ているように感じます。

ただし、なにかの拍子に、定位がずれる時があり、そうすると目の前のスピーカーが斜め前方に移動してしまので、そうなると違和感が出てきます。

ボタン操作も快適

これまで、完全ワイヤレスイヤホンは、SoundPEATSを使ってましたが、ボタン操作の時に耳に押し込む形になるのが不快だったのですが、AirPods Proは、うどんのところをつまむようにボタン操作をするので快適です。

sgr.hateblo.jp

外音取り込みモード

あまり期待してなかったのですが、実はこれが使えます。
メニエールで少し難聴になったので、ちょっとした補聴器代わりになります。
イヤホンを外すより、外音取り込みモードにした方が周りの音がよく聴こえます。

ノイズキャンセリング機能

AirPods Proのノイズキャンセリング機能は、十分使えると思いました。

ノイズキャンセリング・イヤホン(ヘッドホン)は、何台か所持していますが、これらと比較しても、AirPods Proのノイキャンは効果あり。

▼ノイキャンイヤホン(ヘッドホン)遍歴

ノイズキャンセリング性能に関しては、BOSE QC15も優れていますが、なにぶん耳を完全に覆うため、夏場は使う気になれず。バッグに入れた時にかさばる。

SONY MDR-NC11Aは、本体から固いケーブルが伸びていて、首を少し動かすだけでイヤホンがずれるので不快でした。ホワイトノイズも大きかった。

SONY MDR-G94NCは、人生初のノイキャンイヤホンで、ノイズキャンセリングの魅力を知るには必要十分な性能でした。ただし、音質は100均レベルのヘッドホン並み。

sgr.hateblo.jp

Amazonプライムセール祭りで買ったもの【2021年9月25日】

カルです。

いつもの物欲の記録です。Amazonファッションタイムセール祭り【9月25日(土)9:00~9月27日(月)23:59】で購入したものです。

ファッションタイムセール祭り(9月11日~13日)のあとなので、あまり買うものがなかった。

Anker Magnetic Cable Holder

リビングの電源ケーブルがぐちゃぐちゃだったので、整理するために購入しました。

f:id:rayz:20210930100631j:image

▲Anker Magnetic Cable Holder2個セット

通常価格2,990円のところ、タイムセールで2,392円で買えました。


f:id:rayz:20210930100633j:image

▲やっと整理したの図

結構、ちゃんとマグネットで保持されているようです。

エレコム リングストラップ

こちらは、iPhone 13 Pro Max用です。
「UAG PATHFINDER」にストラップホールが付いたので、ストラップ復活。

iPhone 13 Pro Maxは重いです。参考↓

sgr.hateblo.jp

f:id:rayz:20210930100636j:image

エレコム リングストラップ(P-STF01LBK)301円


f:id:rayz:20210930100638j:image

▲5年ほど前に購入した同製品の末路。
一応この状態でも使えますが、不安なので買い替え。高い品物でないし。
他メーカーのも検討したのですが、オールシリコンなのはコレだけでした。

 

マジェスティ4D9の燃費(30回目)

マジェスティ4D9の給油記録です。

燃費は20.8→19.6km/Lでした。


【回数】給油日/走行距離(総走行距離)/給油燃料/燃費

【30】2021-09-25/156.6(10,492km)/8.01L/19.6km/L

【29】2021-04-18/176.7(10,335km)/8.50L/20.8km/L

【28】2020-12-03/243.7(10,158km)/8.90L/27.4km/L

【27】2020-10-31/95.7(9,915km)/4.0L/23.9km/L

【26】2020-10-04/132.4(9,819km)/6.5L/20.4km/L

【25】2020-08-16/189.6(9,686km)/9.80L/19.3km/L

【24】2020-03-31/223.0(9,497km)/9.70L/23.0km/L

【23】2020-03-17/237.6(9,274km)/10.00L/23.8km/L

【22】2020-03-05/225.1(9,037km)/10.01L/22.5km/L

【21】2020-02-21/223.9(8,811km)/9.30L/24.1km/L

【20】2020-02-07/244.2(8,588km)/10.20L/23.9km/L

【19】2020-01-28/222.1(8,343km)/9.70L/22.9km/L

【18】2020-01-16/230.6(8,121km)/10.30L/22.4km/L

【17】2019-12-26/195.6(7,890km)/8.61L/22.8km/L

【16】2019-12-16/221.0(7,694km)/9.45L/23.4km/L

【15】2019-12-03/239.0(7,473km)/10.60L/22.5km/L

【14】2019-11-21/246.9(7,234km)/10.50L/23.5km/L

【13】2019-11-06/232.6(6,987km)/9.50L/24.5km/L/GA-02

【12】2019-10-24/247.3(6,755km)/10.20L/24.2km/L/GA-02

【11】2019-10-10/248.3(6,507km)/10.30L/24.1km/L/GA-02

【10】2019-09-27/241.2(6,039km)/9.60L/22.9km/L/GA-02

【9】2019-09-13/241.2(6,039km)/11.00L/21.9km/L/GA-02

【8】2019-09-03/222.6(5,798km)/9.80L/22.7km/L/GA-02

【7】2019-08-23/230.2(5,575km)/10.50L/21.9km/L/GA-01

【6】2019-08-12/253.4(5,345km)/11.00L/23.0km/L/GA-01

【5】2019-07-25/244.1(5,092km)/10.90L/22.4km/L/GA-01

【4】2019-07-10/237.6(4,848km)/10.50L/22.6km/L

【3】2019-06-27/241.3(4,610km)/10.20L/23.7km/L

【2】2019-06-16/217.4(4,369km)/9.50L/22.9km/L

【1】2019-06-03/211.6(4,151km)/9.60L/22.0km/L

【0】2019-05-25/(3,940km)/8.00L/初回