悩んだときが買い時!~物欲の記録~

買ったモノの記録です。基本的に悩んだら買うので、何をいつ、どこで買ったのかを記録しています。

携帯プランの見直し(ahamoじゃなくギガライト)

カルです。

携帯プランの見直しをしたので、その備忘録です。
これまで、「ガラケー」+「iPhone」の2台持ちをしてましたが、N-05C(2011年製)のバッテリーが通話3分しかもたなくなったので、「FOMA」+「mineo」からドコモの「ギガライト」に1本化しました。

  • これから:N-05C(FOMA)+iPhone X(mineo)
  • これになった:iPhone X(ギガライト2)

巷では、ahamoやpovoが話題ですが、ドコモのスマホデビュー系の割り引き(※)を活用したいので、ギガライトにしました。
結論としては、料金は、2,260円⇒2,178円と安くなったのに電波も安定し、なおかつ、5分間の無料通話が付きました。

■料金の内訳

スマホデビュー系の割り引き

スマホデビュー系の割り引き(※)というのは、「はじめてスマホ」と「ずっとはじめてスマホ」のこと。
この割引と「ドコモ光セット割(予定)」を併用することで、ahamoよりも低料金に抑えられます。計算上、5GB以下ならギガライトの方が安い。

■ドコモの割り引き
はじめてスマホ割:▲1,100/550円(12か月まで/13か月以降)
ずっとはじめてスマホ割:▲1,100円(永年)
dカードお支払割:▲187円(永年)

「はじめてスマホ割」終了して「はじめてスマホプラン」に

ちなみに、はじめてスマホは、3月末で受付終了しており、代わりに「はじめてスマホプラン」というのが始まりました。
簡単にいうと、「1GB制限で安く利用できる」プランですが、同じことをギガライトの「ギガプランデータ上限設定オプション」で実現できるので、あまり魅力がない。音声メインのガラケーユーザーを取り込む作戦でしょうかね。

auひかり→ドコモ光に乗り換える予定

続いてドコモ光についてのお話。
我が家では、現在auひかりを利用しています。ネット速度も先日無線ルーターを買い替えたので、まったく不満はありませんが、やはり、au携帯を1台も所持していないので、もったいないだけです。ちょうど今年の10月が更新月なので、そのタイミングでドコモ光に乗り換えるつもりです。

ドコモ光セット割は、ギガライトギガホプレミアで割引額が違うのと、後者はデータ使用量が3GB以下の場合は、1,650円が自動割り引きされるので、実はギガホプレミアもアリなんではないかと。

ということで料金シミュレーションをしてみます。

ギガライトの料金シミュレーション

まず、ギガライトの「ドコモ光セット割」は、データ通信料によって、割引額が0円~1,100円と変わってきます。しかし、「はじめてスマホ」と「ずっとはじめてスマホ」の値引き額大きいので、5GBまではahamo(2,970円)より安く、5GBを超えたとしても、ahamo+298円です。7GBを超えると128kbpsというのは痛いけど、そんなシチュエーションが年1回あるかどうか。

▼ドコモ料金「ギガライト」

  ギガライト 備考
データ使用量 ~1GB ~3GB ~5GB ~7GB  
基本料金 3,465 4,565 5,665 6,765  
はじめてスマホ -1,100 -1,100 -1,100 -1,100 13か月から-550
ずっとはじめてスマホ -1,100 -1,100 -1,100 -1,100 永年
ドコモ光セット割 0 -550 -1,100 -1,100 10月契約予定
dカードお支払割 -187 -187 -187 -187  
割引後料金 1,078 1,628 2,178 3,278 ※料金は税込

ギガホプレミアの料金シミュレーション

つぎに、ギガホプレミアの「ドコモ光セット割」は、一律1,100円が割り引かれます。
3GB以下なら、ahamo(2,970円)より安い。3GBを超えてもahamo+1,112円で60GBまで使用できるのは安心です。

▼ドコモ料金「ギガホプレミア」

  ギガホプレミア 備考
データ使用量 ~3GB ~60GB  
基本料金 5,555 7,205  
はじめてスマホ -1,100 -1,100 13か月から-550
ずっとはじめてスマホ -1,100 -1,100 永年
ドコモ光セット割 -1,100 -1,100 10月契約予定
dカードお支払割 -187 -187  
割引後料金 2,442 4,092 ※料金は税込

ギガライトVSギガホプレミアのまとめ

ギガライトギガホプレミアの比較ですが、ギガライトの上限である7GBまで利用してもギガライトの方が安いです。
ギガライトとahamoの比較だと、5GBを境にahamoの方が安くなるけど、差額はわずか298円です。

▼ドコモ料金比較(はじめてスマホ割あり)←安い・高い→

  ギガライト ギガライト ギガホプレミア ギガライト ahamo ギガライト ギガホプレミア 備考
データ使用量 1GB 3GB 3GB 5GB 20GB 7GB 60GB  
基本料金 3,465 4,565 5,555 5,665 2,970 6,765 7,205  
はじめてスマホ -1,100 -1,100 -1,100 -1,100 0 -1,100 -1,100 13か月から-550円
ずっとはじめてスマホ -1,100 -1,100 -1,100 -1,100 0 -1,100 -1,100  
ドコモ光セット割 0 -550 -1,100 -1,100 0 -1,100 -1,100  
dカードお支払割 -187 -187 -187 -187 0 -187 -187  
割引後料金 1,078 1,628 2,068 2,178 2,970 3,278 3,718 ※料金は税込

4月以降の割り引きの場合

4月以降は「はじめてスマホ割」と「ずっとはじめてスマホ割」がなくなったので、「みんなドコモ割」で埋め合わせをしても、1,100円高くなっています。

この場合も、やはり、ギガホプレミアよりギガライトの方が安いです。
どちらも、3GBがahamoと同様の料金になるというのが面白い。3GBを超えるならahamoですね。

 ▼ドコモ料金比較(はじめてスマホ割なし)安い順に表示

  ギガライト ギガライト ahamo ギガホプレミア ギガライト ギガライト ギガホプレミア 備考
データ使用量 1GB 3GB 20GB 3GB 5GB 7GB 60GB  
基本料金 3,465 4,565 2,970 5,555 5,665 6,765 7,205  
みんなドコモ割 -1,100 -1,100 0 -1,100 -1,100 -1,100 -1,100 3回線以上
ドコモ光セット割 0 -550 0 -1,100 -1,100 -1,100 -1,100  
dカードお支払割 -187 -187 0 -187 -187 -187 -187  
割引後料金 2,178 2,728 2,970 3,168 3,278 4,378 4,818 ※料金は税込