読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んだときが買い時!~物欲の記録~

買ったモノの記録です。基本的に悩んだら買うので、何をいつ、どこで買ったのかを記録しています。

SYM Z1 125 GIVIケースの改良

GIVIのトップケースE300N2ですが、不満点が3つあり。

・アイドリング時にガタガタ音がする
・濡れると赤いレンズの内部に雨水が入る
・赤レンズの中央部分は反射板ではなくリフレクター

追記)よくよく考えると、「反射板=リフレクター」ですね。ここではリフレクターを「光を拡散するレンズ」という意味で使ってます。

どれも対策したいけど、今回は赤レンズ中央部のリフレクターを改良して、反射板にしてみることに。

用意したのは反射テープと幅広いテープ。

f:id:rayz:20150927021238j:image

裏からネジ2本を外すと、赤レンズ部分はいとも簡単に外れます。

f:id:rayz:20150927021410j:image

裏はこうなってます。薄いプラ板のようなものがセロハンテープで貼られているだけ。値段を考えるとガッカリ感が漂います(笑)

赤レンズ部と本体は少し隙間があり、そこから入った雨水がこの白いプラ板の間に入り込むわけです。

f:id:rayz:20150927021503j:image

今回は中央のリフレクターの裏から、反射テープを貼り付けます。

f:id:rayz:20150927021712j:image

粘着面と反対側に貼り付けるため、こんな感じにクリアの幅広いテープを使いました。じゃまな白いプラ板は外して作業します。

f:id:rayz:20150927021805j:image

反射テープをリフレクターの裏に貼り付けたところ。簡単な工作ですね。

f:id:rayz:20150927021926j:image

元に戻して完成です。iPhone6でライトオン撮影。赤レンズ中央のリフレクターが、なんとなく反射してることに、お気づきいただけただろうか?(心霊番組風)

f:id:rayz:20150927022131j:image

ちなみに、これが問題の隙間です。ここから雨水がレンズ内に浸水します。こちらもいつか対策したい。しかし、イタリアって、こういう細かいことは気にしないのだろうか。

f:id:rayz:20150927022424j:image
広告を非表示にする